まあ適当に(笑)


by abackyne

カテゴリ:音楽( 17 )

せっかくだから

わしは本来ハードロック/ヘヴィメタルサイドのプレーヤーだ。
で、Zチームはハードロックバンドなので、そのライブ映像があるなら掲載すべきだろう。
というわけで、4曲分を。

Highway Star


Long Live Rock 'n' Roll


Smoke on the Water


All Night Long


もっとがんばれたのかもしれんが、わしらの演奏とはこんな程度だ。
早いところヘヴィメタルの方もやりたいもんだ。
[PR]
by abackyne | 2010-05-10 21:05 | 音楽

おいおいっ!!

どうしたもんか・・・
一体いつから書いていないのか思い出せん(^_^;
とはいえ、ほら。その。何だ(^^
とりあえず、Vetterで去年の年末、それから今年の頭に演奏したので、一応その映像を二回に分けて掲載しようかと思う。


右っかわの太っちょのがわしだ(笑)
名曲と言っても過言ではないこの曲を、このクオリティでやるという勇気に乾杯だ(爆)


広島の大先輩、吉田拓郎のこの曲。
間のソロを無理やりベースでやってるのが微笑ましい(^_^;
[PR]
by abackyne | 2010-04-08 17:17 | 音楽

ついに

始まってしまった。Zチームと黒パンダ団(笑)
スイカ記念日が予期せぬ形で突然終わりを告げて以降、HR/HMに関するはけ口が無くなっていた。
そこで、元スイカ記念日のセイイチさん(Dr)とわしを中心に「レインボーとかパープルを軸に、色々やるハードロックバンドを作ろう」という名目のもとに結成されたのがZチーム。
それとは別に、「ほら。なんか色々遊んでみたいぢゃん」という流れで、とりあえず言うこと聞いてくれそうな人達(失礼)をあつめて、比較的とっかかり易いハードロックをやって遊ぼうと結成したのが黒パンダ団(笑)である。
余談だが、(笑)もバンド名に含まれるので、お間違えなきようにお願いする。
どちらもこの間初あわせだったのだが、感触はどちらも悪くは無い。
地道に続けていけば、夏前後には形になるのではないだろうか。
さて、HMについては未だ解決を見てはいないが、構想そのものはあるので来月くらいになんとかなるといいねぇ。
[PR]
by abackyne | 2009-03-14 11:02 | 音楽

ライブあふた〜

藤枝さんがくれた先日のSMAUGのライブ音源、これはMP3ファイルなのだがこれの圧縮を解除し、良さそうな形にする作業を先日やった。
基本的にはコンパクトレコーダーのマイクが拾った音なので劇的に向上させることはできないが、とにかく会場に響いた音を意識してやってみた。
加工が済んだ音源を聞き返してみると、細かい点やそうでない点を見ると色々ある。
色々あるが、なかなかよかったとやはり思える。
聞きながら、おもむろにベースを手にしてその楽曲を演奏する事など、ライブ音源の加工をしながらでは初めてだ。
それだけ楽しいライブだったと思うし、余韻が完全に冷めた今も楽しい。
藤枝さんの脱退を受けて、バンドの戦闘力が大きく後退するのは確実だ。
しかし、せっかくここまでやってきたのだから、少なくともこのレベルを維持するために全力をそそぐべきである。
[PR]
by abackyne | 2009-01-27 22:45 | 音楽

さてさて

明けました。おめでとうございましたm(u_u)m
というわけで、今年一発目のライブが既に終わってしまった(涙)
思えば年末年始と予想以上の出来事が個人的にはあり、正直ライブ大丈夫なんかいなという状態だった。
しかし、年初のライブがSMAUGで、そのライブの後に藤枝さんがバンドから抜けるというのだから、私事はさておき全力を出し切らねばならないのであった。

結果から言えば今までで一番良いパフォーマンスだったと思う。
中田氏の声は去年のライブのクオリティに戻っていたし、浩司氏のギターのサウンドはわしが直前に持ち込んだやたら四角いやつのおかげで劇的に向上したし。
何より、演奏前のあの怖いS.E.のおかげでバンドの演奏の不味さがかなりごまかされたはずだ。
ほとんどの客が「あのS.E.怖かったよ。」としか言わなかったもの(^^;)

SMAUGこそはこのあと活動を一旦停止するが、水面下では既に2つのバンドが動きはじめている(のかな?)
このうち一つは一粒で二度おいしい事にしようと思っているし、もう片方ではなんとギターも弾くという暴挙に出た。
お目見えする事があうのか?
請う御期待っ!
[PR]
by abackyne | 2009-01-20 22:21 | 音楽

ついに

満を持して、とはいかないが、明日はスイカ記念日の復活である。
満を持してといかないのは、基本的にはアイドリングテストということ。
これは、このあいだのSMAUGと同じだ。
もう一つの理由として、新しくやる曲の、ある一部分をまだ覚えていないということだ。
しょうがなかろうが!専門外の事なんぢゃっ!!
と、根性悪く開きなおってみたり。
ま、今回は大目に見てもらうとして。
[PR]
by abackyne | 2008-07-19 21:19 | 音楽

それぞれの理由

ある、口に出すことがはばかられる理由から、年始からこちらずっとバンドの活動を行えないでいた。
が、このたべその問題が解決し、ようやくバンド活動を再開できる運びとなった。
所属バンドのメンバー各位には大変に迷惑&心配をおかけしてしまったのを、この場を借りてお侘びします。
さしあたっては、新曲のあわせを予定していないSMAUGの方から再開することにして、段取りをしているところだ。
スイカに関しては、一応新曲をやるのと、どうやらこの曲ではわしがコーラスを入れる必要がありそうなので、もそっと時間を使って色々と体制を整えねばならないだろう。
最低でもスタジオ入りの時までに間奏部分の語りは覚えておく必要がある。
どんな曲かといえば、ベタと言えばベタな選曲なので、ライブの折にご紹介できれば良いのではないかと思っている。
なんにしても、年明けからこちら、わし自身もバンドができないということでかなりのストレスを感じていた。
では、時間を適当にかけてそのストレスをしっかり発散するとしよう。
[PR]
by abackyne | 2008-06-05 22:01 | 音楽

SMAUGと

スイカ記念日がそれぞれ23日と24日にライブをやったのに、何の告知もしてなかったな(つД`
いくら私生活で色々あったとはいえ。
23日は横川駅近くにあるアップルジャムというハコを借り切っての主催イベント。
そして、主催者が一番客を呼べなかったという罠(アホ!)
思ったのは、やはり主催イベントを行う前に色々な所で名前と顔を売らねばならないという事。
来年のことを言うと鬼が笑うというが、来年からはもっと積極的に色々なライブイベントに参加して、もっと多くの楽曲を演奏したいものだ。
24日は五日市のコイン通りに最近オープンしたモーターブレスというライブハウスのクリスマスイベント。
タダで演奏させてくれるとは、なかなか気前のいい話である。
メタル好きのオーナーの店だけあって、メタルバンドであるスイカのウケはかなり良かった。
良くなかったのは演奏だけか(爆)
とはいえ、大いに楽しむ事ができたし、ミスを除けばけっこうな演奏ができたのではないだろうか。
両日に共通する反省点は、やはり当日に事前リハをやらずにライブに挑むのは危険ということ。
そうしないと気持ち的に「ライブやるぜっ!」て気持ちにならない。
そうなると、演奏にイマイチ集中できずに、実につまらないミスを犯してしまう。
今後は当日にはバンド以外の予定は極力入れないようにしよう。
[PR]
by abackyne | 2007-12-25 21:39 | 音楽

得てして

ライブというものの後は、色々と自分のパフォーマンスを考えてへこんでしまうものだ。
しかし、わしは最近はあまりそうならなくなった。
年を取って羞恥心がなくなってきただけかもしれないが、やったパフォーマンスはその時点ではその時の力の通りのものにしかならない。
それを悔いたり恥ずかしがったりしても何にもならないからね。
必要なのは良かった部分と悪かった部分を全て受け止めて反省し、考えられる問題点を検証して次回に生かす。
良かった点はかならず次回も踏襲して、その部分をさらに伸ばす。
良かった点は今回はそうさね。少なくともNoriさんの参加によって、バンドが新たな段階に進んだことではないかな。
そして、そのレベルでまともに演奏するためには、自分はもっと自分のプレイに注意力と集中力を高める必要があるということもわかった。
音作りに関してもそれは同じで、既存の手駒を有効に使って、今まで確立した「自分のスタイル」をどこでも、どのような状況でも通せるようになる必要がある。
正直に言えば、今回演奏した場所というのは、プレーヤーにとってやりやすい環境とは言いがたい。
しかし、そんな状況であっても、やはりある程度自分たちのパフォーマンスというものに自信がもてるようになりたいものだ。
そのためにはまだまだ精進が足りない。がんばらねば。
[PR]
by abackyne | 2007-08-12 09:17 | 音楽

明日ぢゃん!

時が過ぎるのは速いものだ。もう明日が本番か。
明日の今頃は・・・・・・ごろごろしてんぢゃね?(笑)
明日は1曲目と2曲目の間につなぎが必要なのだが、現時点でそのつなぎの部分を考えてなかったりしちゃったりなんかして。
一応Dr&Bで何かということにはなっているが、出し物のネタを早く考えてデモを作っておかないと。
打ち合わせ無しでイキナリなにかが出来るほどの技量と度量はわしにはないのだから。
とはいえ。急作りのネタの音源だけ渡して、あとは当日のイッパツ勝負。
なかなか面白くはあるけれど。
しかし、ドラムをあの方にお願いして以降、バンドはかなり対とになったな。
やはりバンドの根幹はドラムだねぇと今更ながら実感する次第。
[PR]
by abackyne | 2007-08-09 08:13 | 音楽